全国学力・学習状況調査結果

全国学力・学習状況調査結果

平成29年度全国学力・学習状況調査 日野町の結果について

1 調査について

児童、生徒への指導の充実や、学習状況の改善などに役立てるため、全国の小学6年生と中学3年生を対象に、『全国学力・学習状況調査』が今年4月に実施され、国語、算数・数学の問題A(知識に関する問題)と問題B(活用に関する問題)の調査と、質問紙調査(生活習慣、学習意欲・環境等の調査)が行われました。

   教科に関する調査 小学校国語A

            小学校国語B

            小学校算数A

            小学校算数B

   質問紙調査    小学校児童質問紙

            小学校学校質問紙

   教科に関する調査 中学校国語A

            中学校国語B

            中学校数学A

            中学校数学B

   質問紙調査    中学校児童質問紙

            中学校学校質問紙

 

2 調査結果について

   結果チャート(小学校).pdf(87KB)

   結果チャート(中学校).pdf(883KB)

小学校各教科
教科の概要

   小学校国語A 学習指導要領の領域等の平均正答率.pdf(79KB)

問題別調査結果(全国平均との差 5.0以上)

   小学校国語B 学習指導要領の領域等の平均正答率.pdf(80KB)

問題別調査結果(全国平均との差 5.0以上)

   小学校算数A 学習指導要領の領域等の平均正答率.pdf(76KB)

問題別調査結果(全国平均との差 5.0以上)

   小学校算数B 学習指導要領の領域等の平均正答率.pdf(76KB)

問題別調査結果(全国平均との差 5.0以上)

考察
  • 国語、算数とも、A問題ではほぼ全国平均正答率と同率であったものの、B問題では大きく下回る結果となっています。
  • 国語では、A問題で、全国平均正答数を上回っている児童が6割以上いますが、A問題、B問題ともに平均正答数を上回った児童は約2割に止まっています。
  • 算数においても、A問題では、6割以上の児童が平均正答数を上回っているものの、A問題、B問題ともに平均正答数を上回った児童は3割弱に止まっています。
  • A問題では平均正答数を上回っているにも関わらず、B問題では平均正答数を下回った児童が、国語、算数ともおよそ4割おり、B問題で図ろうとしている活用する力を身に付けるところに課題があると言えます。
中学校各教科
教科の概要

   中学校国語A 学習指導要領の領域等の平均正答率.pdf(80KB)

問題別調査結果(全国平均との差 5.0以上)

   中学校国語B 学習指導要領の領域等の平均正答率.pdf(81KB)

問題別調査結果(全国平均との差 5.0以上)

   中学校数学A 学習指導要領の領域等の平均正答率.pdf(77KB)

問題別調査結果(全国平均との差 5.0以上)

   中学校数学B 学習指導要領の領域等の平均正答率.pdf(79KB)

問題別調査結果(全国平均との差 5.0以上)

考察
  • 国語では、A問題、B問題ともに、全国平均正答率を若干下回っています。しかし、A問題、B問題とも、平均正答数を上回っている生徒が半数以上おり、A問題、B問題ともに平均正答数を上回った生徒も、半数を超えています。しかし一方で、A問題、B問題ともに平均正答数を下回った生徒が3割程度おり、二極化もみられます。
  • 数学では、A問題では平均正答率を若干下回ったものの、B問題では若干上回る結果となっています。しかし、A問題、B問題ともに平均正答数を上回った生徒が約4割であるのに対し、A問題、B問題ともに平均正答数を下回った生徒は5割弱おり、学力が定着している生徒とそうでない生徒とが分かれています。
  • 小学校6年時(平成26年度)と比較すると、全国平均正答率との比較ポイントが、国語Bで2ポイント、数学Aで1ポイント、数学Bで3ポイント上昇していることから、この3年間で国語、数学の力を伸ばしてきていることが伺えます。
児童生徒質問紙
回答結果

   小学校回答結果集計[児童質問紙].pdf(1440KB)

   中学校回答結果集計[生徒質問紙].pdf(1116KB)

考察
  • 小学校では、肯定的な回答が全国平均を5%以上上回っている項目数が7項目しかない一方で、5%以上下回っている項目数は43項目と全体の項目数の半数以上あります。また、肯定的な回答の割合が8割を超える項目数も、全体の4分の1に止まっており、肯定的な回答をしている児童が非常に少なくなっています。家庭学習等、学習習慣は定着してきていますが、規範意識、自尊感情、学習に対する関心・意欲・態度の醸成には、課題があります。
  • 中学校では、肯定的な回答が全国平均を5%以上上回っている項目数が28項目と、5%以上下回っている項目数の2倍となっています。また、肯定的な回答の割合が8割を超える項目数も、4割を超えており、肯定的な回答をしている生徒が多くいます。

 

3 成果と課題

成果
  • 小学校、中学校ともに、「家で、自分で計画を立てて勉強をしている」児童、生徒の割合が全国平均より高く、自主的に家庭学習に取り組もうとする意識が見られます。
  • 小学校、中学校ともに、「毎日朝食を食べている」児童、生徒の割合が高く、各家庭において朝食を食べる習慣が確立されていることが伺えます。
  • 中学校においては、授業中の活動に対する肯定的回答は全国平均を上回っていることから、授業の中で主体的に学び、学力を高めようと努力していることが伺えます。また、目標の明示から振り返りまで行われている授業が多く展開されており、生徒が見通しをもって、自発的に学習できる授業づくりが進んでいることが分かります。
  • 中学校では、平日、休日問わず、家庭学習を2時間以上している生徒の割合は全国平均よりも高く、家庭学習の習慣化も図られつつあります。
課題
  • 小学校、中学校とも、学級全体として十分な力を身に付けているとは言えない状況にあります。
  • A問題、B問題ともに正答数の少ない児童、生徒が若干名おり、補充学習等、個別対応の充実が求められます。
  • 小学校においては、国語、算数ともA問題は全国平均以上の正答数となっていますが、B問題はそれに達していないという児童の割合が高くなっています。また、国語、算数とも、「最後まで解答を書こうと努力した」児童の割合は低く、また、「400字詰め原稿用紙2~3枚の感想文や説明文を書くことは難しいと思う」「学校の授業などで、自分の考えを他の人に説明したり、文章に書いたりすることは難しいと思う」児童の割合が高くなっています。これらのことから、自分の考えを表現する力、説明する力が身に付いていないことが考えられます。
  • 小学校では、平日に「家庭での学習を1時間以上している」児童の割合が低く、家庭学習の定着に、まだ課題があります。
  • 小学校、中学校ともに、「自分には、よいところがあると思う」児童生徒の割合が、全国平均より若干低くなっています。また、「将来の夢や希望を持っている」割合も全国平均以下であり、自己肯定感の伸長や将来への展望を持たせることができるような取組の充実が望まれます。
  • 家庭での生活習慣に関わって、「2時間以上、テレビを見る」児童、生徒の割合が、全国平均よりもかなり高くなっており、家庭との連携のもとでさらなる生活習慣の改善を図っていく必要があります。

4 今後の取組

学校での取組

本調査の結果を受け、各学校では、個々の児童、生徒の実態と課題、学年全体の傾向と課題を分析し、日々の授業などで課題解決を図るよう取組を進めています。また、調査対象の学年だけの課題ではなく学校全体の課題であるととらえ、全学年での実践につなげています。

  • 「主体的、対話的で深い学び」の実現に向けた一層の授業改善を行います。
  • 調査の分析を通して学習指導要領のねらいを具体的に把握し、それが達成できるような授業を展開します。
  • 放課後等を利用した補充的な学習を一層進め、一人一人の課題に対応します。
  • 家庭と連携して、学習習慣、基本的な生活習慣の定着及び規範意識の醸成を図ります
  • 日常のさまざまな場面で、よさを認めたり、自分の成長に気づくような声かけをしたりして、自尊感情や自己肯定感を高めます。
  • 保護者、地域と連携した児童生徒の育成のあり方について、保護者、地域住民とともに協議を重ねます。
家庭での取組
  各家庭では、引き続き、次に掲げる事項に取り組んでいただきたいと考えています。
  • 基本的な生活習慣をみにつけさせましょう。
  • 夢や目標に向け、主体的に学習する習慣を身に付けさせましょう。
  • バランスの良い食事、十分な睡眠、日常的な運動をさせましょう。
  • 日常生活の中で、社会のルールやマナーを身に付けさせましょう。
  • 子ども達が自信を持てるような声かけを積極的に行いましょう。
  • テレビやゲームの時間、携帯やスマホの使い方についてのルールを、子ども達と話し合って決めましょう。
  • 地域の行事に積極的に参加させ、郷土の自然、文化、人に出会わせましょう。