健康福祉課

健康福祉課

新型コロナワクチンを接種した方へ

2021年4月30日

接種後(特に接種直後~数日間)はご自身の体調に注意しましょう

ワクチンを受けた後は、15分以上は接種会場で座って様子をみてください。

(過去に重いアレルギー症状(アナフィラキシーを含む)や、採血で気分が悪くなったり、失神のある方は30分ほどお待ちください。)

起こるかもしれないからだの症状(接種者の10%以上に起こったもの)

このワクチンは筋肉内注射のため、痛みや腫れなどの軽い副反応は頻繁に現れますが、通常は数日以内に治ります。必要な場合は解熱鎮痛剤を服用するなど、しばらく様子をみてください。

(日常生活に支障をきたす重い症状の割合はごくわずかです)

症状 痛み 下痢 筋肉痛 頭痛 疲労
痛み 腫れ 下痢 筋肉痛 関節痛 頭痛 疲労 寒気 発熱
発現割合 84.3% 10.6% 15.5% 37.9% 23.7% 55.1% 62.9% 32.4% 14.8%
発現時期 接種当日 接種翌日
発現期間 約2日 約1日

このワクチンは2回接種を受ける必要があります。これらの症状の多くは1回目より2回目の接種時に高い頻度で認められています。また、高齢者よりも非高齢者に高い頻度で認められました。副反応が生じるのは、免疫反応の現れと考えられ、きちんと免疫ができている証拠とも言えます。

上記のような症状が我慢できないほど続いたり、いつもと違う体調の変化や異常があれば接種を受けた医療機関やかかりつけ医へ相談してください。

起こるかもしれない重い症状(頻度不明)

症状の発現状況、時期、持続期間

ワクチン接種直後から、時には5分以内、通常30分以内に以下の症状が現れた場合、ショック、アナフィラキシーの疑いがあります。

(アナフィラキシー発生率:接種10万回あたり1件) 出典:国内第Ⅰ/Ⅱ相試験

  • 皮膚のかゆみ
  • 痒み

  • じんましん
  • 紅斑
  • 皮膚の発赤 など
  • 腹痛、吐き気 など
  • 吐き気

  • 視覚の異常
  • 視覚

  • 声のかすれ
  • くしゃみ
  • のどのかゆみ
  • 息苦しさ など
  • 声

  • 顔面蒼白
  • 意識混濁 など
  • 顔面蒼白

接種後しばらくの間は、会場でお待ちいただき、このような症状がみられた場合には、ただちに接種会場の医師、看護師、近くのスタッフに伝えてください。

ワクチンは2回接種します

1回目の接種の方へ
  • 2回目の接種も予約されています。忘れずに接種しましょう。
  • 接種後に現れた症状の種類によっては、2回目の接種を受けないほうが良いこともあります。接種後に気になる症状が現れた方は、2回目を受けるかどうかも含めてかかりつけ医へご相談ください。
2回目の接種の方へ
  • ワクチン接種はこれで終了です。
  • 1回目と同様に、体調に変化がないか注意してください。
  • 接種済証は、ワクチンを受けた証明書になります。大切に保管してください。

予防接種による健康被害についての補償(予防接種健康被害救済制度)

新型コロナワクチンの接種について、万が一健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)を受けることができます。申請に必要となる手続き等については、予防接種を受けられた市町村にご相談ください。(審査の上、認定された場合に市町村から給付されます)

問合せ

健康福祉課 0859(72)1852

カテゴリ

情報一覧