企画政策課

企画政策課

企画政策課 日野町根雨101番地(日野町役場内)
電話  0859-72-0332
メール kikaku@town.hino.tottori.jp


 業務内容 総合計画・過疎計画・土地利用・広域行政・国際交流・統計・地域情報化・広報・広聴・防災行政無線・交通安全・町営バス・観光など

「旧山陰合同銀行根雨支店」建物の利活用についての意見募集

2018年9月11日

「旧山陰合同銀行根雨支店」建物の保存・活用について、ご意見をお寄せください。

旧山陰合同銀行根雨支店

根雨の繁栄を物語る歴史的建造物

根雨のまちなかに異彩を放つ洋風建築「旧山陰合同銀行根雨支店」は、1929(4)年に雲陽実業銀行根雨支店として建てられました。

その前身である根雨銀行は、1897(明治30)年、たたら製鉄で財を成した大鉄山師・近藤喜八郎が設立したもの。1927(昭和2)年に雲陽実業銀行に吸収合併、さらに1931(昭和6)年には松江銀行に吸収合併された後、1941(昭和16)年に松江銀行・米子銀行の合併により、山陰合同銀行根雨支店となりました。

モダンで温かみのあるこの建物は、2018(平成30)年2月に山陰合同銀行根雨支店が移転するまでの約90年間、宿場と商工業のまち・根雨の移り変わりを見つめてきたことになります。

保存・活用について「検討委員会」を設置

現在、山陰合同銀行からは、日野町に対して「この建物を公共施設等として利用する考えがある場合は、建物の無償譲渡を考えている」との申し入れがなされています。

町では、無償譲渡を受けるべきか、また受ける場合の活用方法について検討する「旧山陰合同銀行根雨支店活用検討委員会(以下「委員会」)」を設置し、併せて近藤家住宅や町公舎、町歴史民俗資料館など、根雨のまちなみ・景観を一体として捉えたまちづくりについても検討を重ねています。

まちの皆さんの意見も募集します(パブリックコメント)

委員会では、今年5月から現在まで4回会議が行われ、その中での意見を集約した「旧山陰合同銀行根雨支店の保存・活用に係る提言(中間報告)」を、このたび町に提出いただきましたので、皆さんのご意見を募集いたします。

回答方法

役場企画政策課、役場黒坂支所、町山村開発センターおよび金持テラスひのに備え付けの回答用紙にご意見を記入いただき、役場企画政策課または役場黒坂支所の各窓口へ提出いただくか、企画政策課あて郵送またはFAX、Eメールにてお送りください。

回答期限
2018年10月1日(月)

様式ダウンロード
回答用紙
参考資料「旧山陰合同銀行根雨支店の保存・活用に係る提言(中間報告)

カテゴリ

情報一覧